商用ホームページの目的

商用ホームページの目的って何? 少しの修正でも更新料は高いし時間もかかる。できる人も身近にいないし、今から勉強するのもめんどうだ。 

初心者用


商用ホームページの目的と更新


 
 
HOME
選択と集中
カセットページとは
動作環境と仕様
事前診断について
よくある質問
お申し込み
お問合せ
法に基づく表記
 
全面改造か一部修正か
商用ホームページの目的
サブメニュー
リンク集
 
  


■ そもそもの目的は

商用HPの目的はもちろんデザインコンクールではありませんね。
大企業のイメージ戦略でもない限り、いうまでもなく商用HPの目的はお客さまを連れてくることです。
役に立つ情報を提供することでお客さまに集まっていただく、これが商用ホームページの仕事ですね。 こら、そこのページ、もっと働け! (笑)

キャッチコピーひとつで売上が変わることがあります。
それほど、HPに載せる文章、文字情報は重要なんです。
しかし、HPのデザインや写真をキレイにしたら、お金をかけてかっこいいホームページを作れば売れるかというと、...おそらく、高い確率でがっかりします。

コピーライターという専門家を雇う方法もあります。
緻密な打合せを重ねながら、文章を買う余裕があれば、です。
これとて、必ずヒットする保証があるわけではありませんが。

売れるキャッチコピーやお客さまを惹きつける情報は、商品を一番良く知っている人、すなわち、経営者でなければなかなかうまくいかないようです。

そうです。
あなたが自分で文章を考えなければならないんです。
経営者の「思い入れ」は、他人に完全にコピーするなんてことはそうそう簡単なことではないからです。

■ホームページの「選択と集中

昔の電話は受話器とダイヤルしかありませんから、通話しかできませんでした。ただ、誰にでも使うことができました。
それに比べて今の携帯電話はたくさんの機能があって、非常に便利です。
でも、通話以外の操作を覚えるのはひと仕事ありますね。

一般のHP作成ソフトを使うと一から作ることもできるし、何でも編集できます。
しかし機能が豊富過ぎて、かえってとまどってしまうこともあります。
それが心理的負担になると、「自分にはできない」というコンプレックスに変わり、やがてあきらめてしまいます。

初心者には覚えることが多すぎてつらいんです。使いこなせるようになるまで時間がかかります。どこをどう修正するか、かえって悩むケースも出てきます。

パソコンがあまり得意でなかったりすればなおさらです。
操作だけでもひと苦労なのに、デザインまでいじり始めたら確実に迷路にハマります。

HPを初めから作るには、パソコン技能だけでなく、インターネット知識、作成ソフト操作、デザインセンスなど、たくさんの技能・知識が必要になります。
これに加えて、コンテンツと呼ばれる内容情報、すなわち文章が必要です。

商用ページでHPを更新・修正するのは、最終的には宣伝や売上げ向上のためです。
HPそのものによりその効果の方に興味があるのは自然なことでしょ?

ならば、商品やサービスを売ることにマトをしぼり、売れるキャッチフレーズや解説を考えることだけにエネルギーを集中させてはいかがでしょう。
気にすべきは見てくれよりも売上でしょう。

変更する可能性のある文章の範囲を最初に決めておけば、精神的負担はいっきに減ります。
あなたの神経は、売るために何をどう書くべきか、それだけに向かわざるを得なくなるからです。
まさに選択と集中です。

        もどる         「選択と集中」へ →

 

 

とりあえずお気に入りに登録する

このホームページを知人に教える


HOME  選択と集中  カセットページ   商用ページの目的  良くある質問  お申込み  お問合せ  サブメニュー



都市データ: http://caset.1bas.com/
お問合せはここをクリック
TEL 0501-195-0865


ホームページ更新修正はカセットページ!

Copyright (C) 2004 City Data. All Rights Reserved.